【ディアブロ4】パッチ1.3.0ローグはどうなる?

ディアブロ4で新たなパッチ1.3.0の適用となるシーズン3開始が目前に迫り期待が高まっています。新しい要素もさることながら〈ローグ〉クラスにどんな調整がされたのか探っていきましょう。

パッチノートを見ての個人の見解となりますが、ローグの変更が少しわかると思います。全ての情報が網羅されていませんので、公式情報も併せてご確認ください。

目次

ツイブレローグは弱くなったの?

「剣舞の化身」の問題が修正され、〈ツイストブレード〉の調整も行われました。

「剣舞の化身」使用時に戻ってきた〈ツイストブレード〉が、化身の説明にある一定割合のダメージではなく、〈毒の注入〉のフルダメージを適用していた不具合を修正しました。

パッチノート – 1.3.0

この変更により、前シーズンに比べて〈ツイストブレード〉の使用感が弱まるかもしれません。

毒の注入(混合)

  • 変更前:幸運の一撃: 〈毒の注入〉状態のスキルで与える毒の継続ダメージ量が、30%の確率で2倍になる。
  • 変更後:幸運の一撃: 〈毒の注入〉状態のスキルが最大30%の確率で〈毒の注入〉のクールダウンを2秒短縮する。

近距離戦

  • 操作障害状態の敵へのダメージ変換率が40%から10%に減少しました。
  • 蓄積1あたりの攻撃速度が10%から15%に増加しました。

剣舞の化身

  • 剣が戻ってくる間にそれぞれの敵に命中する回数が3回から2回に減少しました。
  • 変更前:〈ツイストブレード〉が戻ってきた際に短時間旋回し、命中ごとに〈ツイストブレード〉の帰還時の10–15%のダメージを与える。旋回ダメージは、ブレードの帰還距離に応じて帰還時のダメージの20–30%まで増加する。
  • 変更後:〈ツイストブレード〉が戻ってきた際に短時間旋回し、命中ごとに〈ツイストブレード〉の帰還時の20–30%のダメージを与える。
パッチノート – 1.3.0


弱体化と言われる面もありますが、まだまだ十分な火力があり使い物にならなくなったわけではないと思います。

弓ローグはどうなのか?

〈精度〉が見直され、強化されている印象です。従来の弓ビルドはそのまま使用可能と感じています。個人的にシーズン2で愛用していた〈一斉射撃〉2色注入ビルドも十分に機能する印象です。

ユニーク弓についてはどうでしょうか? 「ウィンドフォース」&〈貫通射撃〉で2倍を狙うビルドや、「スカイハンター」で〈精度〉を生かすビルド、「イーグルホーン」&〈貫通射撃〉で反射を楽しむビルドなど、いくつかの選択肢がありますが、正直どれもパッとしない。。

「スカイハンター」の変更が大きいため注目かな。

ティーボルトの意志

コンボポイントの修正が行われ、正常な状態に戻ります。これは喜ばしいことです。
元々の性能が強力であるため、ティーボルトの意志は引き続き優れたユニークアイテムとして活躍できると思います。

抑圧不可の発動方法見直し

シーズン2では吸血力「変容」により手軽に抑圧不可を得られました。これが手軽で効果的だったため、多くの人に利用されていました。

シーズン3ではどうでしょうか。一番使いやすいのは〈シャドウステップ〉でしょう。これはシーズン2でもお世話になっていた人も多いはず。

また〈隠遁〉もパッチ1.3.0から追加された「抵抗する攻撃者の化身(防御)」と組み合わせることで、使いやすさが向上するかもしれません。ただし、防御の化身を使うためのスペースに余裕があるかどうかが課題ですね。

余談ですが私のシーズン2では〈シャドウクローン〉にお世話になっていました。

嬉しいと思った調整

鉄菱(強化)

  • 変更前:敵が〈鉄菱〉の範囲内にいる時、自分がその敵に与えるダメージが毎秒5%[x]増加する。
  • 変更後:〈鉄菱〉の範囲内の敵に対して自身の与えるダメージが10%[x]増加する。毎秒5%[x]増加する。
パッチノート – 1.3.0

鉄菱は序盤でも有用な罠スキルです。最新の調整により、確定でダメージが10%[x]増加するようになりました。レアグリフの「罠」と組み合わせると、範囲を広げることができるのでおすすめです。

アローレイン

  • 発動時間が15%短縮しました。
  • 第一波の矢がプレイヤーの近くの敵に当たるようになりました。
パッチノート – 1.3.0

発動中に敵の攻撃を受けやすく、使いにくい一面もあった〈アローレイン〉でしたが、発動時間の短縮により使い勝手が向上しましたね。

貫通射撃(強化)

  • 変更前:敵1体を貫くごとに〈貫通射撃〉の与えるダメージが10%[x]増加する。
  • 変更後:〈貫通射撃〉のクリティカルヒット率が10%[+]上昇する。〈貫通射撃〉が3体以上の敵にダメージを与えると、5秒間にわたりクリティカルヒット率が10%[+]上昇する。

貫通射撃(改良)

  • 変更前:〈貫通射撃〉が少なくとも3体の敵にダメージを与えると、次の〈貫通射撃〉のクリティカルヒット率が20%[+]上昇する。
  • 変更後:敵1体を貫くごとに〈貫通射撃〉の与えるダメージが10%[x]増加する。
パッチノート – 1.3.0

これって強化と改良の効果が逆だったってことですかね?貫通せずとも、クリティカル率が10%[x]上昇するのは素晴らしい強化になりました。

最後に

他にも多くのスキルや化身が調整され、新たなユニークアイテムも追加されました。

獣殺しのブーツ

  • 奥義スキルを使用すると、次のコアスキルがエネルギーをすべて消費する。エネルギー1あたりダメージが0.5–1.5%増加する。クールダウンスキルを使用するとエネルギーが5回復する。
パッチノート – 1.3.0

ボス用として奥義後に確定でダメージが伸びている攻撃が行えるため、オーバーパワーに対する弱体化もあるものの、「ティーボルトの意志」「追放された領主のタリスマン」あたりを組み合わせ、エネルギー盛りで一撃を狙う戦略も面白いかもしれませんね。

それではディアブロ4シーズン3を楽しみましょう

share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次